フィカス・ナナの半年後?と新人"テーブルヤシ"? - 天馬空を行く

最近、三男(3年生)がサッカーを始めて、毎週土日はサッカー

よせばいいのに父も一緒に参加

楽しいけど、帰ってくると腰が痛い

ヘルニアの手術したのはもう5、6年前で、

無理してるつもりはないんだけどやっぱり無理に当たるのかな

自分よりはるかに年上の方が、自分よりもハードに動いてる。

しかも息切れしてないし

さて今年の3月に半額で買ったフィカス・ナナ。

フィカス・ナナ

一夏過ぎて一回り大きくなった。

ただ急に大きくなっても家の中での置き場にも困るので、日は週1程度で、あまり日の当たらない場所に置いていた。

本当は日を好む観葉植物なんだけど。

そんなフィカス・ナナ。

根元に脇芽も出てきた。

摘まずにそのまま。

でもよく見ると、新芽のようなものが下から。。。

明らかに何かの種から発芽してる

オレンジか、レモンか。その辺りの種だ。

三男のイタズラだな。多分、食べた種をそのまま置いた感じ(放置した)。

観葉植物の鉢に柑橘系の種なんて

育たないだろうな。

外に出せないし。

仕方ないので、そのまま様子を見てみよう。

こちらはテーブルヤシ

100均で買ってみた。

更にそれを100均の植木鉢に入れてみる。

土だけは専用土。余っていたので

小窓専用にしたいので、あまり大きくならないようにしないと。

今日もどんより曇り空

そして私の心も

昨夜ついに

ケンカまでいかないまでも

彼と極小の衝突が!笑

結局、私がどんよりムッツリと

不機嫌な顔でイヤミったらしく

はぁ!なんて

わざとため息ついたりしてるから

向こうも楽しくしようと

くだらない冗談とか言っても

私が冷めた目で無反応でいるから

どうしたもんかわかんなくて

物の言い方が不機嫌になって

そうすると私も

私の方が大変なのに

何でそんな態度をとるわけ?って

ますます無口になって

話もせずにムッツリして険悪ムード

って感じの極小の衝突が!笑

日曜日。

私の体調が良くてよく笑って

たくさん話もしていたら

彼もご機嫌で鼻歌まで!笑

それが次の日には

ムッツリだんまりでニコリともせず。

きっと、私にどう対応していいか

わかんないんでしょうね。

その後もテレビの事とか

話しかけてきたりしたけど

私は、ふん。で終わり。

無視!笑

口もきかずさっさと布団に入ったわ!

昨日はとにかく、また、

痛みと痺れが酷くなって体調も悪く

どんより加減が凄かったんだよね

結局当たるところって

当たるというより無視する

彼しかないもんだから

まぁ、私に非があるといえばあるかも笑

言えばいいんだけどね。

ちゃんと、今日はカラダが辛いとか

悪いけど、アレやってね。とかさ。

頼ればいいんだけど。

前にも、頼らな過ぎ!って

言われた事あったし。

不機嫌にムッツリされてるよりも

今日は体調悪いから

ご飯は作れないよ。とか

片付けはしてね。とか

言えばいいんだよね

そうすれば向こうもわかるから

対処のしようもあるってもんだよね。

それをわざとらしく

あ、痛いとかつぶやいてみたり

ため息ついたりして笑

よし!

ちゃんと言おう!

まずはそこからだね。

イヤミったらしく言うんじゃなくて

普通に言えば済む話だね。

どうも、私だけ大変!ていう

被害妄想が大きくなってる。www

なんだろ?

可哀想だと思われたいのかな?

大変だね

頑張ってるね

偉いねって言われたいのかな?

そんなこと。

言われたいのかな?

言わなくても察してほしいのかな?

プティ・ソレイユ 2014 アントル=ドゥ=メール ( 飲み物 )

気温は下がったのに何だろうか?涼しくない。

女房にから更年期じゃないの!! 

検索したら更年期障害には赤ワインが良いみたい、でも飲んだら熱くなる。

どっちにしてもホットなのは間違いないのだ。

   ◇         ◇          ◇

お祭りの囃子と運動会の拡声器がミックスして聞こえる休日。

野菜の肉巻き・煮しめ・レバカツ&メンチカツなどで赤ワイン。

女房の好みなのか私のダイエットを考慮してかは判らないが、

脂&油の利用率が少なくなった、昔なら肉巻きはバラ肉だったのになぁ。

煮しめもチョイ前までは筑前煮や旨煮などコッテリ系だった。

まぁ、それでもワインに合うと言うか合わせて楽しむのだ。

プティ・ソレイユ 2014 アントル=ドゥ=メール  WineNavi

エチケットをみるとサン・ヴァンサン・ド・ベルティニャス村、右岸といえば右岸であってるかな?

親分のシャトー・ル・パン・ボーソレイユは『コンサルタントの神様』デュルノンクールの絡み。

今時のボルドーの仕込み、クリアで綺麗なワイン。

若さと強さのバランスが上品にまとまって良いね。

醤油・ソースの共に合うから使いやすいワイン、かつ美味しいワイン。

少し強めに感じたタンニンがメンチカツに合うね、

煮しめの里芋の土の香りともOKだし、

ちょい甘めの肉巻きにも、控えめな酸とタンニンで美味しかった。

値段を考えるとCPに優れた1本だと思う。

駅前の肉屋の揚物はアブラモノ好きにはたまらない誘惑。

大阪の大市のメンチと双璧かもと思ってる、またレバカツは赤ワインに最高の友達だ。

関東ならブルドッグなのに兵庫のオリバーで揚物をパクリ。

少し辛子と黒胡椒を挽いて中濃ソース、駅前フライが★三つになり旨いのだ。

アブラ物は控えなくちゃと判っているが止められない。

三歩進んで二歩下がる、これがメダボの現実なのであ〜る。

昼飲みは たまにするから 贅沢だ 0924 ( 新潟県 )

 昼飲みは、初めてといっていいか?

 どこかでやったかもだけど、覚えてません。

 しないことをたまにするから新鮮に感じられます。

 いつもだったら、慢性になるからヤバいですね。

 しかし、真昼間の12時過ぎから、自分たち以外のお客様も案外たくさんおられるんですねえ。驚きました。自分達だけじゃないって。。。

 昼飲みできるお店があるってことは、それなりに需要もあるってことなんですね。

 メンバーで、またやろうってな話になりました。

 次は、早めの忘年会かな?

 早割とか使って、お得にできるといいね。