破った絵本。

我が家は2週間に1回のペースで図書館に行き、絵本を借りています。

絵本はほぼ毎日寝る前に12冊読んであげるようにしています。

先日、図書館で借りた絵本を見ていた次男。

気がつくとこんなことに

破れてる

見開きのページだったので、

ついつい力が入って引っ張り、破れてしまったようです。

家の絵本ならまだしも、

図書館から借りている絵本。

今日は返却日だったので

四兄弟連れて返しに行ってきました。

返却するときに

この破れた絵本は次男から渡すようにしました。

図書館へ行く前に次男には

破ってしまったこときちんと謝ろうねと

話をしていました。

次男は自分で破ったページを開いて見せ、小さい声だったけど

ごめんなさい

と言えました()

弁償するつもりでしたが、

破れた部分は修復できるとのことで

今回は弁償にはなりませんでした。

次男もきちんと自分で謝ることができて

ちょっと成長を感じられました。

図書館の本を破ってしまったことは

私にも責任がありますし、

申し訳なく思っています。

親としてしっかり謝罪してきました。

でも今回の件で次男にはいろいろといい経験になったかなと思います。

借りた絵本を大事にする。

汚したり破ってしまった時は正直に言って謝る。

きっとこれから絵本を見る時は今までよりも大事に大切に読むことができるんじゃないかな()

いいことも悪いこともいろいろ経験できることは今のうちに経験して、

これからに役立ててほしいです。