KOBELCO Panther250Xの塗装 Ver.2 - Studio_Rosso 1/43 自動車模型制作日記

本日の山陰は朝から良い天気でした予想される気温は摂氏30度!!

もう真夏の気温ですね〜

しかしながらもう二つだけですが外での作業が遅れている部分が有りましたね〜

雨が降らないのであればこれをまず先に片付けておきたいもの・・・

まず一つ目です

冬の為の薪割り・・・

次の冬にお客さんと一緒に暖かく過ごしたいのでこの時期の薪割りは欠かせないのです

最後に残った極太の丸太を割ります・・・右側に有る電工ドラム(コードリールとも言いますね)の大きさは大体わかりますよね、大きさを比べてみて下さい・・・。

まあコードリールは少し先側に有りますから比較には加減が必要ですが・・・薪割り機の上に載せるだけでも腰が痛くなる位重いです。

最後に残っていたこんな大きさの丸太を4つ全部割って薪にしておきました。

そして二つ目は畑の草刈りです

かなり伸びていましてね・・・雑草・・・このままにしておく訳にはゆかないのです。

薪割りの痕の草刈りなので既にフラフラ状態なんですが・・・

ほぼ90%の草刈りを完了しました

草刈りの写真は余りにも疲れていて忘れてしまいました・・・

ガレージでイスに座ってボーゼンとしていたらえらく人懐っこいトンボがやってきましてスマートのアンテナの上で休憩中です。

写真を撮ろうと携帯を使って10cm程に近づいても全く逃げるそぶりが有りませんでした。

彼等も警戒する時はこの様に羽をへの字にたたまないのです・・・

写真撮影が終わって携帯からPCに写真を送る操作をしていますと撮影が終わったならもう良いか・・・と思ったらしくどこかに飛んでゆきました。

ここまで人懐っこいのはなかなか珍しいですね。

午後からは昨日の続きでKOBELCO Panther250Xの塗装を致します

少し前に戻りますがご報告の漏れが有りましたのでご紹介しておきましょう

クレーンのワイヤーの作に付くフックの部分ですが滑車が付いていますのでこのまま塗る訳にはゆきません、塗料がかんでしまって動かなくなる可能性が有るのです。

と言う事で中央のピンを抜いて滑車を抜いています

延長用のブームの部分はプラスチック製なのでエポキシ系の下塗りは不要ですがプラスチック用のサフは塗らなければなりません

ここにも滑車が付いていますから外しましょう・・・

ブームの先の部分には少し膨らんだ部分が有るのですが・・・〜ん何て言ったかな?

ジブって言うのかな??

よくわからないのですが・・・

ここはプラスチック製の部品なのでバリが残ったまま組み付けられています塗装をする前にここをペーパーで削っておきましょう

せっかく塗るんですからね〜。

そしてマフラーの部品なのですが穴が無いのとプラ素材の為に整形が綺麗に出来ていなくて楕円形+バリで大いに変な形状なんですさすがにこれでは寂しいのでね〜。

仕方が無いのでエンドの部分をアルミパイプで置き換えました

そして穴の縁の部分は薄く見える様に内側を削っておきました・・・これで質感が少し良くなるのではないかと・・・。

車体の上側の部分にブルーの部分がありますのでブルーを塗るためにマスキングをやり直しておきましょう

なかなか塗り分けが難しいですね〜!

キャビンの部分を塗ってみましたこのキャビンですがブルー・レッド・グリーンと3色もありますしマスキングも同じ回数必要になりますからね

これもマスキングを剥がしてみないとうまく行ったかどうかわからないので・・・心配でもあり楽しみでも有る部分ですね。

車体の方はもう一色多くて上記の3色以外にイエローもあります

そして問題があるのは一部分の塗り分けがよくわからないことですね〜(笑)

キャビンの部分のマスキングを全て剥がしてみました

大部分はうまく行ったのですが・・・後ろ側の上部に少しガタガタした部分がありますね

ここはペーパーで軽くやすってからタッチアップしましょう

他の部分はまずまずですね〜

タッチアップが必要な部分はこの後簡単に完了ですね

赤いキャビンの部分の塗り分けですが

サンプルとしてお預かりしているミニカーでは後ろ側の塗り分けがまっすぐ下に伸びているのですがパネルラインが少し後ろにズレていますのでパネルラインに沿って塗り分けています。

タッチアップ後の姿です

グリーンとブルーの塗り分けですが自然な感じで収まっています

ブルーの部分をマスキングしてダークグレーに塗る部分を残してマスキングですね

上記の4色以外にダークグレーがありましたね〜塗り分けがなかなか大変だ〜(笑)

ダークグレーを塗りました

ウ〜ン全体がダークグレーなのでマスキングの下にカラフルな4色が隠れているのが想像できませんね。

デカールの無い部品にウレタンクリアーを塗りました

キャビンと車体の部分はデカールの位置を確認させてくれとありますので明日はデカールの製作をして上手くいけば貼って確認をしていただこうかと思っています。