そこまでは

旦那がスリランカに戻り今日はゆっくり旦那と話したわ。

旦那がこっちに帰る時、

例のごとく、

義姉から甥っ子達に、

また荷物を預かって来たんだけどスパイスやら何やらで、2〜3キロ

彼ら、二人で正味5日もうちに居たのに

その荷物、忘れて帰って、

未だ取りに来ず

親心とはいえ

そんな必要ない物、わざわざ預かってくる

私ら、何かバカらしい。

旦那がスリランカに戻る前夜も

何か電話かかってきて、

大した用事じゃないらしかった。

それなら、戻ってから話せばいいのに。

荷物を預けるのも、お金がかかるから。

って、

それなら、甥っ子達もいらない。

って言ってるものを買って持たせなくても。

明くる日戻る旦那に、わざわざ

電話代かけて、かけて来なくても。

なんか、矛盾に感じるわ

さて、本題に入ろうっと

旦那と、来年は結婚何周年になるんだ?

と話してたんだけど

私達、私の親に、家族に反対され結婚したので

式はおろか、

記念写真もなく

スリランカは、

結婚費用も自分達持ちで、

盛大にパーティーを行う国。

私達は、日本にいたし、

初、夫婦で向こうに行ったのは

半年以上経ってからだったので

パーティーも、何もしていない。

日本の知り合いも、

結婚する時に、いつパーティーする?

と言われていたが

私はそんなスリランカのやり方を

全然知らなかったし、

旦那も私に遠慮して言わなかったので

旦那の知り合いからは、何もしない旦那に

アイツは、常識がない。

友達をバカにしてるとか

かなりのヒンシュクをかっていたらしい。

そう言う人達は、会うとニコニコ、ヨイショするくせに、その人が、居ないところでは、

悪口ばかり。本当の友達じゃないから、

今は、ほとんど、付き合ってないんだけどね

それで、

15周年には、スリランカ

ちょっとしたパーティーをしようと

前から話していたんだ。

オリンピックイヤーが、ちょうど15周年。

なんだか、長かったような、短かったような。

と、

二人で想い出を語り合って

また、これからもずっと続く二人の人生。

一緒に楽しもうね

そんな事を話してたら、旦那が急に

あと、50年、頑張るかと

50年?無理やぁ

100越えるやん

ああそうやね

いくらきみでも、無理やろなぁ

その言い方なんか、ムカつくけど、

そこまでは、ムリやわ。それに、あなたも

90越えるし、特にあなたは、アウトやわ

それなら、まぁ目指せ、あと35年かね?

と、言う事で、二人して

後、35年は生きて一緒に歩もう

って事になりました。

お付き合い出来る方、

一緒に長生きの路を歩みましょう

まだまだ若〜い方は、

いつ果てるか、見届け、ヨロシク

人生の半分を、とっくに過ぎた身

楽しく生きなきゃ勿体ない

特に楽しい事が無いと嘆くより

平凡な毎日から楽しい事を探す、見つける

今日も幸せ

って、

生きてる事、無事に過ごせた事自体が

幸せだし、

夫婦が、互いを思って、一緒に生きていける

こんな、楽しい幸せな事は、ない

そう、確認し合ったわぁ

私の周りの人にも、

楽しい事探し、して欲しいなぁ

それで、一緒に、幸せに長生きしようよね

おわり