脳活

先日書いた認知症予防ではありませんが、脳活にもいいかなと、英語を聞いています。

ブロ友さんのオススメの、15分程度の童話を、一週間くらい聞いていたのですが、それでも私には聞き取れるのは、ほんの一部でした。

速いし、知らない単語が沢山出て来て、それが気になり調べては疲れてしまいます。

わからないまま、飽きはくるし、ストレスを感じるようになりました。

絵もあるし、知っている童話なので、何となくは内容はわかるのですが、一旦保留して、またしばらく立ってから聞いてみようと思います。

最近登録したメルマガを読んでいると、英語環境に身を置く事が大切で、聞いていてもいなくても、英語が流れている時間を多く作る事がいいそうです。

そこで、台所に立っている時間、お風呂に入っている時、そして本を読んでいる時も、以前買ってしばらく聞いていた英語のCDを流しています。

車の運転中は、テレビをつけているか、音楽を流しているかですが、それも英語に変えようかしら。

いつか英語が話せるようになりたいと思っている人は、とても沢山いると思います。

私も、その一人です。

ですが、思うだけで、いつまでたっても話せるようにはなりません。

今のままのやり方だと、永遠に話せる日は来ないようです。

目標や期間をしっかり定めて、現状を把握し、どうやるかを決めなければなりません。

とりあえずは、毎日英語を聞く事が大切だと思い、1時間は聞くようにしています。

新たに時間を設けるのは大変ですが、ながら勉強ならぬながら聞きなら、時間の捻出に頭を悩ませる事なく出来ます。

そして、自分の話したい事は何かを考えています。

使う予定のない難しい単語を覚えるより、私が今話したい事を英語で話したいです。

それには、まず自己紹介でしょうか?

自分の名前や、住んでいる所、趣味などを、いつでもぱっと言えるようにしたいです。

そのくらいは言えそうですが、普段口から出す事がないので、外人さんを前に急には喋れません。

ネタ帳なるものを作って、少しづつ自分の話したい事を書いては、口に出して言ってみるのも大切だと思います。

問題は、そこです。

作った英語が、学校で習ったような、今は実際には話されていない文だとがっかりです。

その見極めがつかない所が、大きな問題点なのです。

自分で考えると、変な文になってしまいますので、あらかじめある英文から、英借文を作ると良いらしいですね。

頭は使うほど良いと言いますが、突然英語が流れて来て、私の頭は戸惑ってないかしら?

でも、語学留学など出来ない私は、自宅を英語環境にするしかありません。

出来る事からこつこつとって、どこかで聞いたセリフですが、こつこつとやって見ましょう(-)

どなたか、お勉強してる方いらっしゃいませんか?

仲間が欲しいです(-)