ガンダーラ ( 秋田県 )

ガンダーラ」のイントロの美しさは、

それが、そのまま1週間の終わりを告げるメロディーでもあったが、

TVドラマ「西遊記」のエンディングは、

ガンダーラの曲とほとんど動きのない映像の組み合わせが悲しくもあった。

オープニングが派手だった分、エンディングの寂しさが際立つ。

ゴダイゴ(GO DIE GO)が音楽を担当していたドラマ「西遊記

毎週観ていたと思う。

エンディング曲が「ホーリー&ブライト」になった事も覚えているから、

続編も熱心に観ていたのだろう。

「ビューティフル・ネーム」の意味が分からず、悩んだが、

ある日、友人から「歌をよく聴いてみろ」と言われ、

ようやく「ビューティフル」と「ネーム」を理解する。

「ネーム」と言われても、それが「名前」だと分からなかった時代である。

「モンキー・マジック」は、猿、手品 = 堺正章

ちなみに、「のりピー」 = 酒井法子

だが、それはどうでもいいだろう。

ビューティフル・ネーム事件は、その後、私の暗い影となり、

学ぶ事、調べる事、理解する事、使うなら知っとけよ、

そういった方向の予習復習のきっかけとなり、

必要性のある重要な事を学ぶよりも、

無駄な事を優先的に覚えようとする無謀な方向性へと突き進んでいく。

そのカウンターが、私が乱用する、

ニュートワイライトでありニューロマンでありネバーアゲインであり、

スパイラルでありセレナーデでありニューアゲインでありセンチメンタルなのだ。

そもそも文法を覚えるよりも、

「デストロイ」だの「ノー・フューチャー」「ゴッド・西武・ザ・クイーン」

などと余計な事だけは覚えるのが早い。

「無駄」な事を調べたり覚えたりしてるのは、

すなわち「無駄な時間の過ごし方」の代表取締役みたいなモンだが、

当人が「これは無駄ではない」と力説すれば無駄は「省ける」可能性がある。

「ビューティフル・ネーム」や「ホーリー&ブライト」「モンキー・マジック」

をしつこく調べる、という寄り道もまた歩き方の一つである。

ゴダイゴの「銀河鉄道999」は未だに私の中で無限軌道を走行中だが、

その停車中に流れるのが「ガンダーラ」のイントロなのだろう。

(私はミッキー吉野のファン)

「やだ、かわいいっ!」「かわいく、ない」「キモい」

そんな単純な区分けで世の中が成立するのであれば、

「カッコイイ!」「カッコ悪い」

で、対抗するのも、ありだろう。

ゴダイゴ」はカッコよかったし、

ミッキー吉野」は、あきらかにカッコよかった。

いつも帽子を被っていたし、

これから南洋へ出発する為に、

港で船を待つかのようなスタイルがスタイリッシュだった。

ザ・ベストテン」の最終回のパーティーに、

ゴダイゴのメンバーとして参加したのはミッキー吉野だけだったような記憶もある。

いつもの笑顔にいつも変わらぬ体型、

それがミッキー吉野だった。