日本社会構造への警告永井竜造

日本社会構造への警告

日本経済社会は、現状を継続するなら必ず経済が崩壊するでしょう

原因

少子高齢化社会現象とは、先進諸国に於ける共通の悩みでもありますが、

特に、日本社会に於いては移民の受け入れに拒絶反応があり、更に海外就労希望者を受け入れには、就労ビザ取得のハードルが高くて、中小企業に取り慢性的な人手不足が解消されません

矛盾点は、中小企業が真実に求めているのは就労ビザ取得可能なハイレベルではなく、単純作業であります

治安維持を優先してビザ発給を制限する日本国家とは世界の労働市場解放入国ビザ廃止の傾向に逆流する政策であります

日本国の国債発行高就労者の減少国際社会との協調性の欠如税収入の減少傾向対策増税を如何にして解消するのか?国民の疑問が深まるばかりである

変則的なデノミネーションの実施でしょうか?

尚ロボット生産に基づく省力は、諸国でも既に実施され続けて日本国本来の伝統技術に於ける継承は非正規社員の急速な拡大により、日本独自の技術力が低下し、国際競争力を喪失し続けていきます

更には企業はより安価の賃金を求めて、諸国の奥地へ奥地へと生産工場が追いやられていきます日本企業の収益は製品としてリターンすることになり、人口減少と税収減少更に消費能力の減少傾向が続き日本国への経済波及効果すら低調を招きます。

時代の流れ時の移ろいに日本国は乗り遅れかねません