小説「海賊とよばれた男 上」百田尚樹

あらすじ

一九四五年八月十五日、敗戦で全てを失った日本で一人の男が立ち上がる。

男の名は国岡鐵造。

出席簿もなく、定年もない、異端の石油会社「国岡商店」の店主だ。

一代かけて築き上げた会社資金の殆どを失い、借金を背負いつつも、店員の一人も馘首せず、再起を図る。

石油を武器に世界との新たな戦いが始まる。

国岡は一人に馘首せず。

なんと言う決断だろうか。

それが国岡商店を大きくしたと言ってもよい。

国岡に惚れ込む従業員。

才気があったのだろうね、国岡には。

その国岡を助けたのは、日田の存在だ。

日田が彼に援助したからこそ、である。

言ってみれば、日田がいなければ、国岡の存在はなかった。

さて、上巻にはチラッと宮部が顔を出している。

百田氏からすれば、どうしても出したかったのだろうね。

いいところで上巻が終わっているなぁ〜。