選択肢が多いのは売り上げが下がる

コロンビア大学では、

ジャム6種類、ジャム24種類から

選択を迫られた場合の

消費者行動を比較する研究を行った。

この研究結果では

ジャム6種類の場合は60の顧客が、

ジャム24種類の場合は40の顧客が、

立ち止まって商品をチェックした。

しかし、

この研究の興味深い部分は購買行動の方だ。

ジャム6種類の場合は30の顧客が商品を購入した

のに対し

ジャム24種類の場合はわずか3の顧客しか商品を

購入しなかった。

これはかなり驚くべき結果だ。

選択肢が少ないほうが

選択肢が多い場合よりも

10倍も売れたのだから。

もしあなたが

消費者は選択肢がたくさんあることを好むはずだ。

そう思っていたとしたら、

これはちょっと意外な事実かもしれません。

さらに脳科学マーケティング100の心理技術には

こうも書いてあります。

ウォールマートでは

ピーナッツバターのブランドを2つ減らしたら、

このカテゴリーの売上がアップした。

同じように

プロクターアンドギャンブルP&G)でも

売店で取り扱うスキンケア商品の品揃えを削った

ところ、そのほかの商品の売上が増加した。

これが本当だとしたら

商品の数を減らすとなぜ売上が伸びるのでしょう?

これには

選択肢が多いと脳が疲弊し

そのあとの意思決定が困難になる

という脳の働きが関係しています。

つまり選択肢が多すぎると

さんざん悩んだあげく、どれを買っていいか分からず、どれも買わない

可能性があるということです。

なので、今あなたが扱ってる商品が少し多ければ

試しにいくつか商品の選択肢を削ってみてください。

実はそれだけで簡単に会社の売上が上がるかもしれません、、、

なんでも売れるのは、こちらが絞ったなんでもだから!

絞りきれてないなんでもは、イライラするだけ。

断捨離、荷物整理、収納!

どれも選択肢を絞ることで効率よくなる!