宿題

最近ある教育に関する面白いニュースがあってここに触れたいと思う。ある小学生は宿題をする、中にはあなたの趣味はなんですかと文字通り学生さんが普段好きな活動が空欄の中に入る。

見た目に簡単そうな問題はまさかメディアに取り上げられるニュースです。この学生さんは何の答えをするか分かるか?この答えは大きなバツを添削されてしかも親のサインを請求される結構厳しい目に合われる。

私はバナナーを食べることは趣味です。という答えですが一見何も問題がないですがせめて一般人を見ると何の変哲がない回答ですこの先生はなぜこんな大騒ぎをするですか?親の注意を払わせるぐらい大げさな行動はその先生の伝統すぎるしかも古い考え方です。

広東語の世界でバナナーを食べるは結構失礼なことです、揉めるとき言い合いする言葉です、相手にバナナーを食べると言うとどけー、邪魔すんなと似た意味。その先生は多分違う方法を思う、だから誤解するわけです。

ネットで強いバッシングです、香港はいまどんな低い先生があるか、学生の趣味まで正しくしてあげる理由がある?抑趣味って正しい正しくない答えがあるか、この先生は頭可笑しい、自分の考え方は古臭いなのになど様な批判が出続ける。

確かに我大人は子供の考え方、想像力が抑えあないほうがいいと思う、それにバナナーを食べることは何の悪い意味がないと思う、幸いその先生は過ちを認め学生さんとその家族に説明した、これは子供に対していい教育ですね。