市内某所

ガソリン販売です。米ドルの下落も手伝って、この数日の原油価格は落ち気味ですが、高値安定化した原油価格はイラン動静の変動要素をひたすら、押し黙らせた格好です。春先のリッター辺りの円単価と比べると円の為替相場変動を換算して10円程の高値となっています。変動比だと22強の値上がりとなり、そのまま北海道はこの冬を迎えようとしています。流通経費、輸送費、精製費などを換算し灯油価格やガソリン単価を考えれば、単純に春先から3割近い光熱費の出費が想定される訳です。それはまあ、タンクの残湯量を計算し給油されたガソリンを加算し、注油して売上の上がった油種別の値を見比べれば、あら、なんか増えてると言ったぐらいのことは、小学生でも判ります。北海道経済産業局も随分舐められたもので、其れを真に受ける地方紙も地方紙ですが、ガソリンスタンドの地下タンクに配管の亀裂から水が入ったということです。被害に遭った消費者が持ち込んだ整備会社からの通報です。車両運行に支障が出るほどの混入ということはどれ位、内燃機関の爆発力に影響が出るのか、幸いにして経験が無いので判りませんが、地下タンクの残油計に表示される数値には明確に出\xA4

詒Δ任后﹅男俵匹ⅴ埓嚞愼海謀槪燭襪里任靴腓Δ❶⊊瓦戮燭薺砧槪ⓕ類辰討い燭箸いΕ譽戰襪任蓮▲織鵐﨏楝里ǂ蕕力咳未覆匹鮃佑┐襪般霙イ蝓⊃雄劼噺世錣兇襪鯑世泙擦鵝\xA3

北5条通りの居酒屋の一杯でした。居酒屋らしさの無い一杯でした。